グレインフリー キャットフード 通販

添加物はすべてが危険?大丈夫なのはあるの?

キャットフードを選ぶときには、
添加物のことが気になりますよね。

 

 

人間の食物には入っていない添加物が入っていることもあるので、
注意が必要になってきますよ。

 

 

注意をした方がいいものとしては、
肉副産物や魚副産物でしょうね。

 

 

肉副産物や魚副産物は、
人間が食べられない部位の肉や魚を混ぜている可能性があるので、
気をつけたほうがいいですよ。

 

 

万が一、約殺処分や病気などで死んだ家畜の肉を使っていると、
大変なことになるかもしれないですね。

 

 

添加物では、保存料として使われている
酸化防止剤に注意して下さい。

 

 

BHA、BHTといった酸化防止剤は、
発がん性があるということなので、
避けたほうが良いでしょうね。

 

 

さらにエトキシキンは、
日本では人が食べられない添加物となっています。

 

 

愛猫の体のことを考えたならば、
BHA、BHT、エトキシキンは避けた方がいいですよ。

 

 

無添加をうたったドッグフードが最近販売されているので、
そういったものを選ぶのもいいでしょうね。

 

 

無添加ドッグフードならば、
BHA、BHT,エトキシキンが入っていることはないでしょうね。

 

 

代わりに、保存料としては、
ミックストコフェロールが入っていることが多いですよ。

 

 

このミックストコフェロールは天然由来の酸化防止剤となっていて、
過剰摂取しなければいいので、
比較的安全な酸化防止剤ですね。

 

 

もしあなたがフードで悩んでいるならば、
グレインフリーのキャットフードならば、
成分がはっきりしているので、安心して食べさせられますよ。

関連ページ

キャットフードの保存上の注意点は?
グレインフリーのキャットフードを買いたいならば一度ココを見てみるのがいいでしょうね。グレインフリーのキャットフードについて調べてみるので、気になる方は見て下さいね。
猫ってキャットフードを食べさせてもいい?
グレインフリーのキャットフードを買いたいならば一度ココを見てみるのがいいでしょうね。グレインフリーのキャットフードについて調べてみるので、気になる方は見て下さいね。
ご飯を食べない時にはどうする?
グレインフリーのキャットフードを買いたいならば一度ココを見てみるのがいいでしょうね。グレインフリーのキャットフードについて調べてみるので、気になる方は見て下さいね。
猫に与えていない食品ってあるの?
グレインフリーのキャットフードを買いたいならば一度ココを見てみるのがいいでしょうね。グレインフリーのキャットフードについて調べてみるので、気になる方は見て下さいね。